21. 火雷噬嗑(からいぜいごう)

ri
sin

キーワード:噛みくだく

卦辞
願いごとはかなう。障害となるものは刑罰を用いてでも除去することだ。

象伝
雷鳴の威力と電光の明知を兼備するさまが噬盍である。古代の聖王はこの象に則って、刑罰を明らかにし、法律を整えたのである。

初爻 足かせをはめられて、足首を傷つけるが問題はない。
二爻 肌に噬みつき、鼻を傷つけるが問題はない。
三爻 干肉を噬んで毒に当たる。少し面目を失うが問題はない。
四爻 堅い骨つきの肉を噬んだら金矢が出てきた。苦しみに耐えて初志を貫くがよい。中にひそむ新事実を発見して、吉となる。
五爻 干肉を噬んだら黄金が出てきた。一貫して当を得た処置を施すならば、危ういが輝く真実を見出して問題はなくなる。
上爻 首かせをはめられて耳まで傷つける。凶である。

このページの先頭へ