38. 火沢睽(かたくけい)

ri
da

キーワード:対立

卦辞
小さな事を行なうには吉。

象伝
上に火があり下に沢があって相反しているさまが癸である。君子はこの象に則って、よく人々と協同するが、それらと異なった独立の操守をもつのである。

初爻 なにも悔いることはない。馬が逃げても追いかけるな。向こうから戻ってくる。相手が悪人でも心を広くして会えば問題ない。
二爻 路上でばったり主人に会う。問題はない。
三爻 車が引き戻され、牛も引き止められて進めない。髪を切る刑、鼻をそぎおとす刑を加えられるような憂き目に遭う。初めはよくないが、最後には疑いも解けて願いがかなう。
四爻 背いて孤立するが、立派な人物に出会って誠意が通いあう。危ういけれども問題はない。
五爻 なにも悔いることはない。同族と会って、柔らかい肉を噛むが如く和解できる。進んで事を行っても何の問題もない。
上爻 泥まみれの豚を見る。鬼が車いっぱいに乗っているのを見る。最初は弓を引いて射ようとするが、後には妄想だと気づいて弓を下ろす。相手は敵ではなく求婚しようとして来たのである。わだかまりを水に流せば、吉。

このページの先頭へ