54. 雷沢帰妹(らいたくきまい)

sin
da

キーワード:結婚

卦辞
進めば凶。よいことはない。

象伝
沢の上に雷鳴が轟き、水面を波立たせているさまが帰妹である。君子はこの象に則って、一時の現象にとらわれる弊害を悟り、永続の道を心がけるのである。

初爻 副妻として嫁ぐ。片足の悪い人が無理をせず歩いていく。進んで吉。
二爻 目の不自由な人がどんなに努めても、遠くまでは見ることができない。孤高の人として静かに貞節を守っているのがよい。
三爻 嫁ごうとして長いこと待つが、正妻としては嫁き先がない。家に戻って副妻として出直す。
四爻 婚期を逃してしまった。待てば必ず嫁ぐべき時が来る。
五爻 帝乙が妹を臣下に嫁がせたとき、花嫁衣装は、副妻のそれよりも質素であった。だが、満月に近い月のように、ゆかしい婦人の輝ける徳があった。吉。
上爻 女が受けた結納の箱は空っぽで、男が婚礼の儀式ために羊を裂いても血が出ない。よい結果にはならない。

このページの先頭へ